家族の変化と寝室との関係からいえば

戸建ての場合にはエレベーター交換工事

だが最近は、マンション好みの場所に格好の値段で見つかったが、間取りが悪すぎる自分の生活スタイルに合わないという人が、リノベ前提で買うのだ。リくすると間違いなく資産価値が上がり、その価値は容易に下がらない。
かりに築十年で、新築価格五0%減の資産価値になった物件を、リノベで二五%上げておき、りに出して購入価格で売れたなら、住んだぶんだけ収益が出たことになる。
築十五年で売とくに、これからは立地重視でいかなければならないから、好立地で気に入らない間取りの中古マンションを見つけたとしたら、チャンスと思わなくてはいけない。リノベーションを前提にすれば、好立地にお金になる家を手に入れることが可能になる。
だが、逆に落とし穴もある。ある人はリノベをするつもりで二000万円の中古マンションを全額ローンで買った。手持ちの五00万円をリノベに当てるつもりだった。ところが、いざ取り組んでみるとリノベ費用が一000万円かかると判明、目論見が崩れてしまったのだ。
また、マンションによってはフローリング不可とか電気容量が変えられない、ユニットバスしか認めない、といった規則のところがある。あるいは建物自体を建て替えなければならない老朽物件。これも要注意だ。
中には、わざわざボロボロの中古を買って、自分好みに変えるのが趣味の人も増えているというが、収益性を考慮するなら、値段が安いからという理由だけで、老朽化マンションに手を出すのは危険。リノベとはいえ築二十年以内が限度だろう。
なお、近年、誰もが気にし始めた耐震基準だが、新耐震基準施工一九八一年後に建てられたマンションは一応クリアしているが、この点は購入の際に建築士やマンション管理に相談して、きっちりと確かめたほう<まとめ間取りが気に入らないならリノベで資産価値を上げる
利5章)資金計画、住宅ローン:?銀行がいわないポイント

頭金はどのくらい用意すればいいネットに、こんな質問が載っていた。
アベノミクスで不動産が動き出したので、妾はしきりに『買おう、買おう』といっています。いまは賃貸ですが、いずれは買うつもりでいたので、いまがそのチャンスかも、という気持ちは私にもあります。だが、頭金がまだ十分ではない。買っても大丈夫でしょうかマイホーム購入の決断で、最初に気になるのは頭金のことだろう。いまは頭金ゼロでもローンを組めるがふつうは頭金を用意する。住宅密集地で通風と陽この金額の乏しさがネックになって、躊躇している人は少なくないはずだ。
ちゅうちょそういう人に「頭金をどのくらい貯めるつもりか」ればいいんですかと逆に聞かれたりする。
と聞くと、けっこう曖昧な人が多い。
どのくらい貯め頭金は多ければ多いほどいい。理想のマイホーム購入はすべてキャッシュでまかなうことだからだ。現実問題としては購入物件の二割というのが頭金の常識になっている。だが、どんな物件を買うのかまだ決まっていないのだから、具体的な金額を決めようがない。私の理想をいえば、たとえば五000万円の家を購入するなら、二000万円くらいは頭金にしたい。だが、これはあくまで理想であって、それだけの頭金が貯まるまで購入を控えよということではない。
共働きで生活していても、ふつうの二十代、三十代で、二000万円の頭金はなかなかむずかしい。1000万円貯めるのも大変だろう。まして子供でも生まれたら、収入は減って費用はかかる一方になる。
しかも、いまのような景気回復過程にあって、不動産が動き始めているときは、頭金を貯めることに時間を費やしていると、かえって購入のタイミングを逸する。一定額の頭金が用意できたら、何とかなるだろうと決断してもよいのではないか。
なぜかというと、いまは住宅ローンの金利が安いからだ。
ためのものだが、現在のような空前の金利低水準の時代は、にトクなのだ。
頭金を多くするのはローンの借入額を少なくする頭金にこだわるよりも上手に借りるほうがはるかたとえば、頭金三00万円で物件価格三000万円のマンションを、年利三%の三十年ローンで買ったとする。銀行からの借入額は二七00万円、返済総額は約四四00万円になる。それを「頭金1割じゃ少なすぎる」といって、すぐ買わずに貯金を続け、三年後に頭金六00万円にしてから買う。そういう選択をする人もることだろう三年後も年利11%で借りられれば、借入額二四00万円に対して、返済総額は約四二五0万円。
欧米の住宅と日本の住宅間取りのはず

施工時期から逆算して

住宅について語るとき
およそ一五0万円の節約になる。
だがこれは、あくまで三年後も金利がいまと同じだった場合である。いまの金利は最低に近いから、金利はこの先上がる方向にある。もし金利が四%になっていれば、返済総額は四七00万円。頭金を増やした意味がなくなるもちろん、頭金は多いに越したことはないが、金利水準が低い時代はあまりこだわらないほうがいい。
どうしても頭金を増やしたいなら、親に無理をいってでも相続財産の一部を贈与してもらうとか、時間のかからない別の方法を考えることだ。実際に多くの人は、購入物件価格の二割以下の頭金で踏み切っている。
「できるだけ多くの頭金を……」という考えは正しいのだが、いまは、そのことに頭を悩ませるよりも、ロンの借り方のほうに、もっと神経を使うべきだろう。
<まとめ頭金にこだわるより、いまは早く借り方を考えるべき

住宅ローンはできるだけ長期で借りる借金はできるだけしない。したらできるだけ早く返すンはふつうの借金とは訳が違う。一種の経済行為だから、あるこれがお金を借りたときの鉄則だが、その時点での損得を考慮して利口にふるまう必要が住宅ロ結論からいえば、自分が住むために買うマイホームの場合、く抑えたほうがいい。
返済期間は長めにとって、月々の返済負担を低また、ボーナス返済もしない。
得られるわけではないからだ。
なぜかというと、マイホームは投資用と違って、不動産そのものから収益が月々の返済は、基本的に自分の給与などの個人所得のみになる。返済額が多すぎて生活に支障を来すのでは何のためのマイホームかわからない。ボーナスは別途貯金して、資金的余裕を持つとか家族サービスに使ったボーナス払いを組み込んだほうが返済は早まるが、いまのボーナスは経済が安定していた昔のボーナスと違って、企業の業績で左右されることも少なくない。ヘタすれば、もらえない。予定していたボーナスがもらえずに、返済に窮したらそれこそ大変だ。
リーマン·ショックのときに、そういう目に遭って苦しい立場に立たされた人が大勢いたことを忘れてはいけない。マイホーム購入では、まず自分の月々の収入範囲内で無理なく返せる金額を考えるべきだ。あるいは「少々無理をしても何とか返せるだろう」の範囲だ。建築をメインとした販だが最近は、マンション好みの場所に格好の値段で見つかったが、間取りが悪すぎる自分の生活スタイルに合わないという人が、リノベ前提で買うのだ。リくすると間違いなく資産価値が上がり、その価値は容易に下がらない。
かりに築十年で、新築価格五0%減の資産価値になった物件を、リノベで二五%上げておき、りに出して購入価格で売れたなら、住んだぶんだけ収益が出たことになる。
築十五年で売とくに、これからは立地重視でいかなければならないから、好立地で気に入らない間取りの中古マンションを見つけたとしたら、チャンスと思わなくてはいけない。リノベーションを前提にすれば、好立地にお金になる家を手に入れることが可能になる。
だが、逆に落とし穴もある。ある人はリノベをするつもりで二000万円の中古マンションを全額ローンで買った。手持ちの五00万円をリノベに当てるつもりだった。ところが、いざ取り組んでみるとリノベ費用が一000万円かかると判明、目論見が崩れてしまったのだ。
また、マンションによってはフローリング不可とか電気容量が変えられない、ユニットバスしか認めない、といった規則のところがある。あるいは建物自体を建て替えなければならない老朽物件。これも要注意だ。
中には、わざわざボロボロの中古を買って、自分好みに変えるのが趣味の人も増えているというが、収益性を考慮するなら、値段が安いからという理由だけで、老朽化マンションに手を出すのは危険。リノベとはいえ築二十年以内が限度だろう。
なお、近年、誰もが気にし始めた耐震基準だが、新耐震基準施工一九八一年後に建てられたマンションは一応クリアしているが、この点は購入の際に建築士やマンション管理に相談して、きっちりと確かめたほう<まとめ間取りが気に入らないならリノベで資産価値を上げる
利5章)資金計画、住宅ローン:?銀行がいわないポイント

頭金はどのくらい用意すればいいネットに、こんな質問が載っていた。
アベノミクスで不動産が動き出したので、妾はしきりに『買おう、買おう』といっています。いまは賃貸ですが、いずれは買うつもりでいたので、いまがそのチャンスかも、という気持ちは私にもあります。だが、頭金がまだ十分ではない。買っても大丈夫でしょうかマイホーム購入の決断で、最初に気になるのは頭金のことだろう。いまは頭金ゼロでもローンを組めるがふつうは頭金を用意する。

戸建ての場合にはエレベーター交換工事

施工時期から逆算して

この金額の乏しさがネックになって、躊躇している人は少なくないはずだ。
ちゅうちょそういう人に「頭金をどのくらい貯めるつもりか」ればいいんですかと逆に聞かれたりする。
と聞くと、けっこう曖昧な人が多い。
どのくらい貯め頭金は多ければ多いほどいい。理想のマイホーム購入はすべてキャッシュでまかなうことだからだ。現実問題としては購入物件の二割というのが頭金の常識になっている。だが、どんな物件を買うのかまだ決まっていないのだから、具体的な金額を決めようがない。私の理想をいえば、たとえば五000万円の家を購入するなら、二000万円くらいは頭金にしたい。だが、これはあくまで理想であって、それだけの頭金が貯まるまで購入を控えよということではない。
共働きで生活していても、ふつうの二十代、三十代で、二000万円の頭金はなかなかむずかしい。1000万円貯めるのも大変だろう。まして子供でも生まれたら、収入は減って費用はかかる一方になる。
しかも、いまのような景気回復過程にあって、不動産が動き始めているときは、頭金を貯めることに時間を費やしていると、かえって購入のタイミングを逸する。一定額の頭金が用意できたら、何とかなるだろうと決断してもよいのではないか。
なぜかというと、いまは住宅ローンの金利が安いからだ。
ためのものだが、現在のような空前の金利低水準の時代は、にトクなのだ。
頭金を多くするのはローンの借入額を少なくする頭金にこだわるよりも上手に借りるほうがはるかたとえば、頭金三00万円で物件価格三000万円のマンションを、年利三%の三十年ローンで買ったとする。銀行からの借入額は二七00万円、返済総額は約四四00万円になる。それを「頭金1割じゃ少なすぎる」といって、すぐ買わずに貯金を続け、三年後に頭金六00万円にしてから買う。そういう選択をする人もることだろう三年後も年利11%で借りられれば、借入額二四00万円に対して、返済総額は約四二五0万円。工事中から準備するこおよそ一五0万円の節約になる。
だがこれは、あくまで三年後も金利がいまと同じだった場合である。いまの金利は最低に近いから、金利はこの先上がる方向にある。もし金利が四%になっていれば、返済総額は四七00万円。頭金を増やした意味がなくなるもちろん、頭金は多いに越したことはないが、金利水準が低い時代はあまりこだわらないほうがいい。
どうしても頭金を増やしたいなら、親に無理をいってでも相続財産の一部を贈与してもらうとか、時間のかからない別の方法を考えることだ。実際に多くの人は、購入物件価格の二割以下の頭金で踏み切っている。
「できるだけ多くの頭金を……」という考えは正しいのだが、いまは、そのことに頭を悩ませるよりも、ロンの借り方のほうに、もっと神経を使うべきだろう。
<まとめ頭金にこだわるより、いまは早く借り方を考えるべき

住宅ローンはできるだけ長期で借りる借金はできるだけしない。したらできるだけ早く返すンはふつうの借金とは訳が違う。一種の経済行為だから、あるこれがお金を借りたときの鉄則だが、その時点での損得を考慮して利口にふるまう必要が住宅ロ結論からいえば、自分が住むために買うマイホームの場合、く抑えたほうがいい。
返済期間は長めにとって、月々の返済負担を低また、ボーナス返済もしない。
得られるわけではないからだ。
なぜかというと、マイホームは投資用と違って、不動産そのものから収益が月々の返済は、基本的に自分の給与などの個人所得のみになる。返済額が多すぎて生活に支障を来すのでは何のためのマイホームかわからない。ボーナスは別途貯金して、資金的余裕を持つとか家族サービスに使ったボーナス払いを組み込んだほうが返済は早まるが、いまのボーナスは経済が安定していた昔のボーナスと違って、企業の業績で左右されることも少なくない。ヘタすれば、もらえない。予定していたボーナスがもらえずに、返済に窮したらそれこそ大変だ。
リーマン·ショックのときに、そういう目に遭って苦しい立場に立たされた人が大勢いたことを忘れてはいけない。マイホーム購入では、まず自分の月々の収入範囲内で無理なく返せる金額を考えるべきだ。あるいは「少々無理をしても何とか返せるだろう」の範囲だ。
戸建ての場合にはエレベーター交換工事

部屋の中には直接置きません

冷蔵庫が入らない…ってわかることがあり住宅

デメリットの第二は、ふつう住宅ローンを借りると団体生命保険に加入しなければならないが、民間ローンではその保険料もローンに含まれ、利用者が直接、生命保険料を払うことはない。しかし、フラット35では、保険料を毎年債務者個人が支払わなければならない。
三000万円の融資を受けた場合、最初の四年間は10万円以上を個人で支払うことになる。生命保険は加入しないでもかまわないが、その場合は契約者の死亡時にローン残債がなくならず、相続者が引き継がなければならない。加入せずに無事完済できれば、トータルで約1100万円の保険料が浮く計算になる。
とハードルが高繰り上げ返済の手数料が無料というのもありがたいが、一回の返済額が100万円以上いのが玉にキズ。もっともそれが励みになって貯金意欲が高まるかもしれない。
その他、フラット35のデメリットとしては、最近、民間の住宅ローンが事務手数料を引き下げてきたのに対して、フラット35では融資額の5%の手数料が必要になる。
民間ローンとフラット35、どちらが有利かの判断は、それぞれの置かれた経済状況にもよるから一概にはいえないだが、長期金利はどう見ても上がる方向になるから、金利変化に機敏に対応できる人は民間ローンでいいが、そういうことが面倒な人はフラット35で固定してもよいのではないか。
また、フラット35は民間ローンと比べて審査のチェック項目が異なるので書類づくりが大変との声もあるが精通した仲介業者もいるので、最初からパスという選択肢はないと思う。マンションの方が簡単<まとめ>民間にはないメリット、デメリットをしっかり比べてみる
固定金利と変動金利、どちらを選ぶべきかいまの時代、住宅ローンを借りるとき、買い物をしたかどうかが違ってくるもっとも大きな選択は金利の選び方である。
これによって、上手ないまは金利が安い。預金金利などゼロの時代である。住宅ローンの金利も変動型で借りれば、1%台で借りられる。まれに0%台もある。固定型になると、安くて1%、三%台がザラで、ときに四%、五%台もある。
目先の金利だけを見れば、文句なく変動型ということになるが、長期ローンを考えたとき、金利上昇リスクが大きい。いまは安くても、いつ上昇するかわからないからだ。固定金利は金利上昇時に強みを発揮する。逆に短期、少額の場合は、変動型で低金利の恩恵を享受したほうがいい。
住宅ローンの金利には、三つの種類がある。半年ごとに変わる変動金利、借り入れ当初の金利がずっと続く固定金利、あともう一つは一定期間後に固定から変動金利になる固定金利特約という方式である変動金利は固定金利よりも低く、借り入れ当初はより多くの元本返済ができる。ただし金利が上昇すると利息の負担が増える。一方、固定金利のほうは、当初の利息負担はより重いが、返済終了まで同じ金利なので安定的に返済しやすい。
では、現在の借り手はどれを選んでいるのか。住宅ローンの貸出額の七、八割が変動金利である年1%前後の安い金利で借りて、金利が上がりそうになったら固定金利に乗り換えようと多くの人は考えている。
たしかに、それがいちばんだが、現実には変動金利から固定金利にうまく乗り換えるのはけっこうむずかしい。なぜかというと、長期金利のほうが動きが早く、変動金利が上がりそうだから固定に乗り換えようとすると、長期金利のほうはすでに上がってしまっている、ということが多いのだ。
また、変動金利は五年間金利が上がっても、毎月の返済額は変わらない。この間は利息の支払いが増えるため、その分元本が減らないことになる。したがって、五年後の返済額見直しのとき、想定よりも返済額が増えることがある。
住宅で採用することは少ないので省略

インテリアであるなら

間取りもなにもすべて制約される
これに対して、固定金利のほうはどうか。アベノミクスによるデフレ脱却のための政策が動き出したことによって、今後はゆるやかな物価上昇が始まる。物価が上がれば金利も上がることになる。その意味で、いまは長期固定金利を選ぶラストチャンスかもしれない。
借入額が少なく、返済期間も十年以下の短い場合は変動でもいい。期間が短ければ、最初の五年間で元本をかなり返せるからだ。逆にいえば借入額が多く、返済も長い場合は変動金利を選ぶのは考えものということだ。
そして、それぞれのよさを活かすのが、固定金利と変動金利を組み合わせた固定特約型である。たとえば当面は子供の学資でお金がいるが、将来は余裕を持って返せる、という人は特約型を選べばいい。それがいちばん賢い方法だもう給料が右肩上がりで上昇する時代ではないので、先を見通して安心できる借り方がいい。変動よりも固定を柱にローン計画を立てるのがいいと私は思う。固定で借りて返済がきついようなら、ローン設計そのものに無理があるのだ。ただ、長期固定を選ぶ場合六十五歳完済定年時完済を目標にすべきだろう。
<まとめ>金利が上がる可能性大なので固定金利を考えるべきだ

繰り上げ返済は期間短縮型がいいローンを組んで支払いを始めたが、経済環境が好転し、「早く返してしまいたいな」と思う人も出てくるだろう。また、まとまったお金があるから返済に回して、その代わり月々の返済額を引き下げたい。こんな考えの人もいるに違いないこういう人たちは繰り上げ返済制度を利用すればいい。
繰り上げ返済には期間短縮型返済額軽減型の二通りあり、どちらか好きなほうを選べるように早く完済してしまいたいなっている。耐震住宅耐震住宅デメリットの第二は、ふつう住宅ローンを借りると団体生命保険に加入しなければならないが、民間ローンではその保険料もローンに含まれ、利用者が直接、生命保険料を払うことはない。しかし、フラット35では、保険料を毎年債務者個人が支払わなければならない。
三000万円の融資を受けた場合、最初の四年間は10万円以上を個人で支払うことになる。生命保険は加入しないでもかまわないが、その場合は契約者の死亡時にローン残債がなくならず、相続者が引き継がなければならない。加入せずに無事完済できれば、トータルで約1100万円の保険料が浮く計算になる。
とハードルが高繰り上げ返済の手数料が無料というのもありがたいが、一回の返済額が100万円以上いのが玉にキズ。もっともそれが励みになって貯金意欲が高まるかもしれない。
その他、フラット35のデメリットとしては、最近、民間の住宅ローンが事務手数料を引き下げてきたのに対して、フラット35では融資額の5%の手数料が必要になる。
民間ローンとフラット35、どちらが有利かの判断は、それぞれの置かれた経済状況にもよるから一概にはいえないだが、長期金利はどう見ても上がる方向になるから、金利変化に機敏に対応できる人は民間ローンでいいが、そういうことが面倒な人はフラット35で固定してもよいのではないか。
また、フラット35は民間ローンと比べて審査のチェック項目が異なるので書類づくりが大変との声もあるが精通した仲介業者もいるので、最初からパスという選択肢はないと思う。

冷蔵庫が入らない…ってわかることがあり住宅

インテリアであるなら

<まとめ>民間にはないメリット、デメリットをしっかり比べてみる
固定金利と変動金利、どちらを選ぶべきかいまの時代、住宅ローンを借りるとき、買い物をしたかどうかが違ってくるもっとも大きな選択は金利の選び方である。
これによって、上手ないまは金利が安い。預金金利などゼロの時代である。住宅ローンの金利も変動型で借りれば、1%台で借りられる。まれに0%台もある。固定型になると、安くて1%、三%台がザラで、ときに四%、五%台もある。
目先の金利だけを見れば、文句なく変動型ということになるが、長期ローンを考えたとき、金利上昇リスクが大きい。いまは安くても、いつ上昇するかわからないからだ。固定金利は金利上昇時に強みを発揮する。逆に短期、少額の場合は、変動型で低金利の恩恵を享受したほうがいい。
住宅ローンの金利には、三つの種類がある。半年ごとに変わる変動金利、借り入れ当初の金利がずっと続く固定金利、あともう一つは一定期間後に固定から変動金利になる固定金利特約という方式である変動金利は固定金利よりも低く、借り入れ当初はより多くの元本返済ができる。ただし金利が上昇すると利息の負担が増える。一方、固定金利のほうは、当初の利息負担はより重いが、返済終了まで同じ金利なので安定的に返済しやすい。
では、現在の借り手はどれを選んでいるのか。住宅ローンの貸出額の七、八割が変動金利である年1%前後の安い金利で借りて、金利が上がりそうになったら固定金利に乗り換えようと多くの人は考えている。
たしかに、それがいちばんだが、現実には変動金利から固定金利にうまく乗り換えるのはけっこうむずかしい。なぜかというと、長期金利のほうが動きが早く、変動金利が上がりそうだから固定に乗り換えようとすると、長期金利のほうはすでに上がってしまっている、ということが多いのだ。
また、変動金利は五年間金利が上がっても、毎月の返済額は変わらない。この間は利息の支払いが増えるため、その分元本が減らないことになる。したがって、五年後の返済額見直しのとき、想定よりも返済額が増えることがある。建築をメインとした販これに対して、固定金利のほうはどうか。アベノミクスによるデフレ脱却のための政策が動き出したことによって、今後はゆるやかな物価上昇が始まる。物価が上がれば金利も上がることになる。その意味で、いまは長期固定金利を選ぶラストチャンスかもしれない。
借入額が少なく、返済期間も十年以下の短い場合は変動でもいい。期間が短ければ、最初の五年間で元本をかなり返せるからだ。逆にいえば借入額が多く、返済も長い場合は変動金利を選ぶのは考えものということだ。
そして、それぞれのよさを活かすのが、固定金利と変動金利を組み合わせた固定特約型である。たとえば当面は子供の学資でお金がいるが、将来は余裕を持って返せる、という人は特約型を選べばいい。それがいちばん賢い方法だもう給料が右肩上がりで上昇する時代ではないので、先を見通して安心できる借り方がいい。変動よりも固定を柱にローン計画を立てるのがいいと私は思う。固定で借りて返済がきついようなら、ローン設計そのものに無理があるのだ。ただ、長期固定を選ぶ場合六十五歳完済定年時完済を目標にすべきだろう。
<まとめ>金利が上がる可能性大なので固定金利を考えるべきだ

繰り上げ返済は期間短縮型がいいローンを組んで支払いを始めたが、経済環境が好転し、「早く返してしまいたいな」と思う人も出てくるだろう。また、まとまったお金があるから返済に回して、その代わり月々の返済額を引き下げたい。こんな考えの人もいるに違いないこういう人たちは繰り上げ返済制度を利用すればいい。
繰り上げ返済には期間短縮型返済額軽減型の二通りあり、どちらか好きなほうを選べるように早く完済してしまいたいなっている。
冷蔵庫が入らない…ってわかることがあり住宅